表現 / アイデア

ベストキッズオーディションの口コミ・評判からわき出る疑問を解決!【BEST KIDS AUDITION 2022】

2021年4月からエントリー期間が始まり、2022年末ごろにファイナル審査が予定されている「ベストキッズオーディション2020」。

多くのベストキッズ経験者が芸能界ですばらしい活躍をしていることもあり、注目している親御さん・お子さんも多いのではないでしょうか。

とはいえ、長期に渡るオーディションは、

  • 本当にエントリーする価値があるのか?
  • 運営のお金儲けにすぎないのでは?
  • スカウトのチャンスがあるのは一部の子だけ?

など、たくさんの不安・疑問が浮かびますよね。

実際、口コミ・評判を調査すると、いろいろな声が挙がっていました。

そこで今回は、公式サイトを参照して、元芸能関係者である筆者の意見もふまえながら、ベストキッズオーディションの疑問を解決していきます。

当記事は、ある程度ベストキッズオーディションの内容を知っている方に向けた内容です。
「ベストキッズオーディションってなに?」という方は、まずはこちらの記事を読んでみてください♪

(ベストキッズオーディション公式HPはこちら👇)

口コミ1:オーディションは運営のお金儲けにすぎない?

【結論からお伝えします!】

オーディション費用は、大きなオーディションとアカデミーカリキュラムを進行していくうえで、必要な資金といえます

「お金を一切かけずにオーディションに受かりたい!」という人には、ちょっと難しいオーディションかもしれません。
(しかし実際、他のオーディションに受かっても、何かしらのレッスン費・自己研鑽費はかかってくることが予想されます。よく言われるように、「芸事は1日にしてならず」です。歌・ダンス・芝居などの「表現力」を磨くためには多少の出費がかかることも覚悟しておきましょう。)

一次審査のWebエントリーは、【無料】でできます

お金の不安がある方は、まずはエントリーしてみて、審査に合格したら考えてみるのでもいいかもしれません。

口コミ2:芸能事務所からのスカウトが来ない?

【結論からお伝えします!】

もちろん、スカウトは全員に来るものではありません

冷静に考えてみると、スポーツ界でも、全員にスカウトの声はかかりません。
野球選手になりたい人も、ドラフト会議で声がかかるまで練習や試合に励んでいますよね。

来たる日に備えて、自分を信じて、表現力・魅力・感性などをみがいていくことが大切です。
その先で出会うべくして、プロダクションや企業に声をかけてもらえることもあるでしょう。

全員にスカウトはかからないといって、諦めるのはまだ早いです。
ベストキッズオーディションの場合、スカウトの機会を得られるのはグランプリ受賞者だけではありません

任意で掲載できる『ベストキッズ名鑑』や、ランウェイショー(最終審査)を通じて、協賛企業や大手プロダクションの目にふれることが可能です。

そもそも、ベストキッズオーディションは「子供の無限の可能性を広げていきたい」という思いで始まったものです。
そのため、「夢を見つけたい」「芸能界への道につなげたい」と思って頑張る子をサポートする体制が見受けられます。

スカウトは、参加者のやる気・素質・努力・タイミングなどが組み合わさって得られると考えられます。

口コミ3:オーディション出身者の実績が少ない?

【結論からお伝えします!】

ベストキッズオーディションを起点にして芸能界で活躍する子はたくさんいます

活躍の幅は、

  • CM
  • ドラマ
  • 映画
  • ファッションショー
  • モデル

など人それぞれ。

エントリー時に未経験の子も、オーディションから出演のチャンスを得たり、事務所に所属したりしてさまざまな経験を積んでいます
今後のさらなる活躍も楽しみです。

活躍するためには、「オーディションを受ける」だけでなく、「その先どうなりたいか?どういうことがしたいか?」をイメージしておくことが大切です。

↓下記画像のサイトから「ベストキッズ出身活躍モデル」というトップメニューをタップすると、オーディションを経て先輩たちがどんな活躍をしているのか確認できます。
ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:受け身では始まらない!まずはエントリーすることが重要

インターネット上に載っているベストキッズオーディションの口コミ・評判から、オーディションの疑問を解決していきました。

「モデル」「タレント」「子役」といった夢は、入り口が狭く感じるかもしれません。
しかし、そこで諦めてしまっては、せっかく実現できる夢も叶えられなくなってしまうでしょう。

まずは、少しでも動き出すことが大切です。

ベストキッズオーディションのような、企業やプロダクションがタイアップしているオーディションにエントリーしてみましょう

ソファの上で寝転んでいるだけでは、スカウトの声がかかることはありません。
可能性を広げるために、ぜひ1歩を踏み出してみてください♪

(ベストキッズオーディション公式HPはこちら👇)