メンタル / 自己管理

社会人のための経験談収集サービス「CREEDO(クリード)」の口コミ・評判を調査!

OB・OG訪問は、もはや就職前の学生だけのものではありません。

社会人同士だって、「会社でどんな経験してきた?」「転職しようか迷っていて…」「実際、この業種はどんなことがメリット・デメリット?」なんて話がしたいですよね

そんなニーズに焦点を当てたのが、株式会社ブルーブレイズのサービス「CREEDO(クリード)

社会人同士がビデオ通話でキャリア経験談を聞く(話す)ことができるうえに、連絡先のやりとりは不要
「働く」価値観や視野をカジュアルに広げられます。

<小話>

ブルーブレイズは2021年3月24日に、3000万円の資金調達を行ったと発表し話題になりました(※)。
事業の柱であるクリードは、今後ますます注目されていくコミュニケーションツールのひとつといえるでしょう。

(※参照:TechCrunch「HRテックのブルーブレイズが3000万円調達、都築代表が語る社会人同士のOB・OG訪問サービス「CREEDO」の狙い」)

今回は、クリードが気になっている人に向けて、実際にサービス利用している人の口コミ・評判を調査してまとめました。
より自分にマッチした働き方を見つけるために、ぜひ参考にしてみてください!

(ちなみに)クリードの概要を知りたい方は、「CREEDO(クリード)はもう使ってみた?社会人の悩みは社会人に相談すれば解決するかも!」の記事もおすすめです。

CREEDO(クリード)の口コミ・評判

2020年3月に立ち上げられたクリードは、すでに幅広い業種・職種の人に活用されています。

クリードでは、主に以下の2種類の使い方が可能。

  • 他の人の経験談を聞いてキャリアの参考にする
  • 自分の経験談を話してシェアする(&報酬・おひねりをもらう)

(サービスに登録すれば、聞く・話すの両方で利用できます)

それでは、「経験談を聞く」「話す」の立場でそれぞれの口コミを紹介します。

「経験談を聞く」側からの口コミ

「経験談を話す」側からの口コミ

その他の方からの口コミ

新しいサービスだからこそ、積極的に使ってみる価値あり!

<クリードの評判まとめ>

聞く側・話す側のどちらからも、全体的に好評♪

普段自分とはあまり関わりのない業界の人とも話すことができ、新たな発見を得られるようです。

日々改善を重ねられているサービスなだけあり、これからの発展も気になるところ。

無料で登録できるので、まずはサイトをのぞいていろいろな経験談をチェックしてみてください!(↓)