“表現”で本来の自分をとりもどそう
アイテム / グッズ

【胡蝶蘭でお祝い】いくらの花を送ればいい?価格相場について解説

喜ばれるお祝い花として有名な、胡蝶蘭。

大切な芸術仲間や、推しの芸能人、法人パートナーなどへ胡蝶蘭を送りたいと思っているものの、
「どのくらいの値段がかかるか、全くわからない」
「いくらのお花なら丁度いいのかな」
と疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、胡蝶蘭について

  • 一般的な価格相場
  • 価格の違いの理由
  • 予算価格に適した胡蝶蘭店

を紹介していきます。

満足度の高い胡蝶蘭を選ぶために、ぜひ参考にしてみてください♪

胡蝶蘭の一般的な価格相場とは

胡蝶蘭の一般的な価格相場は、10,000円から50,000円程度です。

しかし、相手との関係性や自分の金銭事情によっても異なってくるので、「こうするべき!」という決まりはありません。

一例として、シーン別の価格相場もご覧ください↓

個人(芸能人・役者・アイドルなど)にプレゼントする場合

【楽屋花・楽屋見舞い】 10,000円~30,000円程度
(人気芸能人はさらに高くなる傾向)
【個展祝い】 10,000円程度
(会場に置けるサイズ)
【誕生日】 10,000円程度
【特別な誕生日】
(成人・還暦など)
30,000円~50,000円程度
【開店祝い】 15,000円~20,000円程度

法人や団体(芸能事務所・制作会社・ダンス教室など)にプレゼントする場合

【楽屋花・楽屋見舞い】 20,000円~50,000円程度
【個展祝い】 10,000円~30,000円程度
(会場に置けるサイズ)
【受賞祝い】 30,000円~40,000円程度
【開店祝い】 10,000円~30,000円程度
(つき合いが深い相手ははさらに高くなる傾向)

胡蝶蘭の価格が違う理由とは

お店によって胡蝶蘭の価格に幅があるのには、主に以下の理由があります。

  • 大きさ・輪数・本数の違い
  • アレンジメントの手間の違い
  • 調達方法の違い

どの部分にこだわるのかを決めれば、予算を上手に使えるようになります!

ひとつずつ、どのように異なるのか確認していきましょう。

胡蝶蘭の大きさ・輪数・本数が異なる

胡蝶蘭には「大輪(たいりん)」「中輪(ちゅうりん)」「ミディ」「小さめ」などの大きさがあり、大きなお花ほど価格が高くなります

大輪は、一般的に約10~15cmの胡蝶蘭のことを指します。

しかし、中輪とミディに関しては、お店によって規格が異なります。
例えば、PREMIER GARDENの場合、中輪は約6~12cm、ミディ(小さめ)は約3~5cmです。

また、本数(茎の数 /「○○立ち」と表記)やお花の輪数によっても、値段が異なります

お祝いでよく利用されるのは、3本立ちと5本立ちです。

しかし、胡蝶蘭店によってオーダーできる本数幅はいろいろです。

胡蝶蘭のアレンジの手間が異なる

胡蝶蘭といえば、オーソドックスな白のお花をイメージする人も多いのでは?

その他にも、以下のようにアレンジを加えることで、その手間ごとに価格が変化していきます

アレンジにこだわっている胡蝶蘭なら、送る相手にインパクトを与えやすくなります。

相手に喜んでもらうには、芸能人・法人のテーマカラーや、季節にちなんだイラストを取り入れるのがおすすめです。

胡蝶蘭の調達方法が異なる

胡蝶蘭の調達方法は、お店によってさまざま。
農家からの直送システムだと金額が安くなり、アレンジメントスタッフ(専門業者)が入ると金額が高くなりやすい傾向にあります。

少し細かい話ですが、通販から注文すれば、お花屋さんに行くまでの交通費を浮かせることが可能です(最近の通販は、チャットや電話で相談できたり、用途別に検索できたりするのですごく便利です)

予算価格に適した胡蝶蘭店を選ぼう

胡蝶蘭は、「安いほどいい」「高いほどいい」と一概に決めることはできません。
だからこそ、価格相場を確認しつつ、送るシーンや相手に合った注文をする必要があります。

取り扱い店によって配達日時・可能なアレンジメント・価格帯が異なるので、ぜひ比較表をチェックしてみてください

お祝いにぴったりの胡蝶蘭を選んで、華やかで明るい気持ちを添えられるよう願っています♪